代替画像.jpg

代替画像.jpg
秋の仙石原高原
■乙女観光案内所のご案内
〒250-0631 神奈川県箱根町仙石原1236-27
TEL&FAX :0460-84-3500
●営業時間 9:00〜17:00
●定休日 毎週水曜日     →案内図を見る


■周辺を山で囲まれた仙石原は、約2万年前は芦ノ湖の湖底だったといわれます。3千年前に中央火口丘の神山が大規模な水蒸気爆発を起こし、大量の岩くずが仙石原のカルデラ床に流れ込んで川がせき止められ誕生したのが湿原化した仙石原高原です。
仙石原の地名のいわれは、江戸時代の始めに入植した4軒の農家が、「耕せば千石の米がとれる広い草原」という意味を込めて、この地を千石原と名づけたものが変化したものだと伝えられています。また江戸時代には、箱根関所の裏関所として、仙石原関所が設けられ、交通が制限されていました。
現在の仙石原には、旅館、ホテル、企業の保養所などが点在し、また「箱根湿生花園」や「箱根ガラスの森」「ポーラ美術館」「星の王子さまミュージアム」「マイセン庭園美術館」「箱根ラリック美術館」「箱根武士の里美術館」など美術館なども多く、若い女性に人気のリゾート地となっています。
湿原の道路をはさんで反対側の台ヶ岳の斜面を上り、かながわの景勝50選に選ばれた群生するススキ草原があります。草原からは、古期外輪山(箱根カルデラ)の最高峰・金時山(標高1212m)や丸岳(1154m)、その間にある乙女峠などの秀麗な山々と湿原が調和した見事な風景を見ることができます。3月中旬〜下旬にはススキ草原で山焼きが行われ箱根の春の訪れをつげる風物詩となっています。

単純硫黄泉
カルシウム−硫酸塩泉
含硫黄−カルシウム−硫酸塩泉

関節炎・高血圧・皮膚病など


■約3000年前に箱根の最高峰の神山が、箱根火山最後の水蒸気爆発をおこした爆裂火口で、今もなお熱い水蒸気と硫気を噴出しています。古来より「大地獄」とよばれていましたが、明治6年に明治天皇・皇后両陛下が箱根に御静養に来られる際に「両陛下がお出になる地に地獄があってはおそれ多い」と大涌谷と改称されました。ここからは雄大な富士山の眺めを楽しむことができます。(かながわの景勝50選)

■仙石原の北に位置する金時山は標高1213Mで箱根外輪山の最高峰で山頂及び乙女峠からの富士山の眺望は有名です。
ここで生まれ育ったと伝えられている平安時代の武将「坂田金時」をモデルにしたのがおとぎ話の「金太郎」です。金太郎ゆかりの「宿石」や「蹴落とし石」また怪我した目を洗って治したいう姥子温泉など、いわれのある場所が仙石原近辺には残っています。この地域は、箱根の中でも手付かずの自然が残され、ハイキングコースも整備されています。心地良いそよ風に触れて「金太郎」に思いを馳せてみるのもいいものです。

■関東一の規模を誇ると言われる仙石原のススキ草原は台ヶ岳のふもと一面に広がり、銀色に輝くススキの群落は秋の箱根を代表する風景のひとつとなっています。
また、毎年3月の穏やかな日を選んで行われる、草原一帯の野焼きは箱根に春の訪れを告げる風物詩です。

当サイトはリンクフリーです。
左記のボタンをご利用ください。

 

■仙石原のLIVEカメラ
仙石原文化センターに設置してある
LIVEカメラにて台ヶ岳の現在の様子がご覧になれます。
■大涌谷のLIVEカメラ
大涌谷観光センターに設置してあるLIVEカメラで現在の大涌谷の様子がご覧になれます。
■仙石原の天気予報(ピンポイント天気)
→ウェザーニュースを見る
■関連サイト

■大平台温泉
箱根十七湯の一つ、大平台温泉のサイト。
■箱根仙石原温泉
箱根仙石原商店会が運営する総合サイトです。
■箱根の光と風
箱根の写真の第一人者。
辻満芳雄氏のサイト。
■箱根全山
箱根町観光協会のサイト
■はこね宮城野ガイド
仙石原のお隣、宮城野温泉のサイト。
■箱根ナビ
箱根の情報満載。宿泊や食事,遊びの情報も検索できます。
■宮ノ下温泉
箱根十七湯の一つ、宮ノ下温泉のサイト。
■仙石原美食倶楽部
仙石原飲食店組合のサイト。
■箱根大涌谷
噴煙地と富士山の眺望で有名な大涌谷のサイト。
■箱ぴた
箱根温泉旅館共同組合の公式サイト。旅館探しにベストなサイトです。


箱根仙石原観光協会
〒250-0631 神奈川県箱根町仙石原1236-27
TEL&FAX :0460-84-3500
e-mail;info@sengokuhara.info
Copyright:(C) 2006箱根仙石原観光協会All Rights Reserved